ホーム研究受託業務 / ヒトでの安全性評価(長期摂取・過剰摂取)

研究受託業務

目的から探す

サービスから探す

研究受託業務

ヒトでの安全性評価(長期摂取・過剰摂取)

安全性は最重要課題

トクホ申請では、ヒトでの安全性評価のための試験が求められます。
また機能性表示食品等、その他の食品でも安全性を評価し説明できることが食品事業者の役割とされています。
TTCではトクホ申請用試験の実績から、安全性試験の実施の必要性に関するご相談も承ります。
安全性試験は2001年から現在(2016年12月)までおよそ300件ほど受託しております。

特徴・メリット

過剰摂取試験のご契約から検査終了までの期間は最短3ケ月

試験結果は研究実施報告書としてご提出

ケースリポートフォーム(医師による被験者ごとの有害事象判定や検査値の報告書)を作成

血液・尿検査等の測定値をご希望の形式(電子データ・紙媒体)で提出可能

臨床試験・ヒト試験例一覧はこちら
  • ヒトでの機能性評価
  • ヒトでの安全性評価 (長期摂取・過剰摂取)
  • 基礎研究及び動物試験
  • 食品成分分析・関与成分研究
お問い合わせはこちら
このページの先頭へ